ロゴ

七尾市に住むポッチャリ人妻は、とんでもない量のお水を埋蔵していました

ぽっちゃり人妻


半年ほどまえ、例の孫請け仕事で七尾市に派遣されていたときのことです。

娯楽が少ない街なので、仕事を終えてやることといったら出会い系しかありません。でも、人口だってそれほど多くないから、出会い系の会員の数も少ないんです。どう考えても出会いの条件としては不利ですよね?

ところがそれがそう捨てたもんでもないんです。「やることがない」のは女子のほうだって一緒です。なのでわざわざ出会い系にアクセスしてくる女子って「ヒマでヒマでオマンコでもしなきゃやってらんない」ってケースが多いんです。だから出会うところまで成立したら、よほどのことがない限りエッチに至る確率が高いんです。

ある意味、田舎のほうがエッチに飢えているし、大らかなんだと思います。

とくに印象に残っているのはそこで出会った28才の人妻さんです。


の写真


その彼女はとっても人好きのする愛らしい顔をしていて、体つきは弱冠ポチャッとした感じの女子でした。どこがどうというわけではないんですが、ひと目見たときから、「この女子、すごく性欲が強そうだな」という印象を受けました。なので最初からおれの方の勃起度数もオーバーヒート気味ではありました。

彼女の旦那さんは市役所の職員で、今週は研修のため東京に出張中だとのこと。そんなことを出会い系で初めて出会った男にいっちゃう時点で、「オマンコして」といっているのと同じですよね。

おれたちはまず安くて美味しい寿司屋にはいって、かなりの日本酒を呑みました。

そうしていい感じで酔いが回ってきたときです。唐突に彼女が訊いてきました。

「いままで彼女と一緒に住んだことってある?」

「そうだなあ。半同棲みたいなことはあったけど」

「そのとき彼女と週に何回くらいエッチしてた?」

「数えてたわけじゃないけど、2、3回はしてたと思うよ」

「2、3回かあ。それ、いい線だよね」

「おたくはどうなの?」

「うち?うちは月1。下手すりゃふた月に一回」

「そりゃ少ないね」

「少なすぎるよ」

これじゃあもう「今夜はエッチ決定」みたいな会話ですよね。というわけで、おれたちは店をでると、いちゃいちゃしながら通りを歩き、ラブホに直行しました。


セフレの画像


予想はしていましたが、彼女は相当量の「水」を蓄えた女子でした。

おれが例の「放水指技」を繰り出すと、

「ああ!ああああああ!だ、だめええええ!」

と顔を歪めながら、ビッッッッシュウウウウウと猛烈な勢いでマンコからぬるい水を噴きだしました。で、その勢いと量が半端じゃありません。

シーツは濡れまくって乾いた部分がほとんどなくなり、水をかぶったおれの身体も急激に冷えてきました。

かといって彼女の勢いは急には止まりません。

仕方がないので、その後は風呂場に移動し、熱いシャワーを浴びながらエッチを続行しました。



金沢の女性が多いサイトです

※上記のサイトはLINEのID交換も可能なので初回の登録特典でもらえるサービスポイントで1週間は無料で遊べます。

>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © 金沢裏風俗キャッツ All Rights Reserved.